外壁塗装 東京

映画の文法はケルナグール 『ザ・レイド』 - 1953ColdSummer

1953ColdSummer ホーム » スポンサー広告 » 映画 » 映画の文法はケルナグール 『ザ・レイド』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



映画の文法はケルナグール 『ザ・レイド』


rddd1.jpg

rddd2.jpg

ザ・レイド 
THE RAID
2012/インドネシア/R15+ 監督:ギャレス・エヴァンス 出演:イコ・ウワイス/他


 格闘技通信、またはゴング格闘技などを購読し、前触れも無く自分が地上最強になった気がし、堀辺正史を神格化するなどの幼い鉄血主義を患った往年の少年たちにとっては、基礎教養である格闘技シラットで白っと人間をどつき回す映画。

 本作の優れたるところは人間がばたばた倒れてゆくところで、本作の瑕疵たるところは人間がばたばた倒れてゆくところである。
 さらっと本作を全否定するが如きことを申し上げてしまったが、ここに乃公なりの注釈を添えるチャンスをいただきたい。でないと本作を称揚する大多数の映画ファンとの軋轢が深刻なものとなり、やがては映画ファン失格との印綬をおび、死骨を晒すが末路となってまう。鴉についばまれて。おもろいなぁ。

 人間を頭突く、投げる、ドスで抉る、という暴力は必然性、つまり物の取り合いでもタマの取り合いでもいいのだが、何でそういうことをせにゃならんのか、という立問に従う。そして立問は主題から生じ、主題は製作陣の意見に従属する。

rddd5.jpg

 で、これは妄想、じゃなかった、想像の域を出ないのだが、製作陣、中でもいちばん偉い人は片手を頬に当て、ちょっと遠くを見ながらこう言ったのだろう。
「人間を頭突いたり、ぶん投げたり、ドスをねじり込んだりするだけの映画って素敵じゃない?」と。

 そして円環の完成、コンセプトの輪が閉じた。

rddd3.jpg

 麻薬王が支配するビルに突っ込んでいったSWAT隊の物語。レイド(RAID)とは「強制捜査」の意である。

 本作は100分ほどの尺で、うち70分ほどが移動式地獄とでも言うべきアクションシーンなのであるが、事実を逆に曲げてもの申せば、小癪なことに30分ほどは無表情に状況/目的を説明するのみのマキャベリズムの隷下に置かれたシーンなのであり、真顔で率直に奏上すれば、ここがつまらない。
 尊公は何を申されるか、格闘アクションによる殺戮こそが本作の文脈なのだ、1を見て10を批判するようなことを申すな、殺すぞ。という反駁はあろうし、またこれが無ければ無いでゾンビが横行する中をひとりで説法しているような気持ちになって、お尻の居所が悪くなる。

 本作に於けるアクションの波濤は本当に素晴らしいのだ。カメラワーク、空間認知、残虐性に於いては申し分……ないこともないが、銃撃と体術のバランス、痛そうな角度で痛そうな部分にぶつけるセンスなどは、真剣にやっている役者さんには申し訳ないが、こたつで蜜柑をうまうま頬張りながら観ておるわたしなどにしてみれば、良質なグラン・ギニョールたり得るのである。

rddd4.jpg

rddd6.jpg

 で、頭ごなしに暴力を強いておいて、ボスを倒さなければ脱出できないとか、そういう奇々怪々なる設定を急に持ち出すのは如何な所業か。いやそれはいい。舞台はビルなんだからふつうに無視して出ていきゃいいでしょう、という合致の欠如も漫画やゲームでしこたま暴力に馴れ親しんできた我々からすれば許容範囲だ。問題はそういう物語のフックが、アクションシーン上の演出にあるのではなく、つまらない方のドラマパート上にあることだ。円環が美しく閉じていない。ただでさえブツ切りで入るドラマシーンに脳内で羊を数えておったところに、「今までのドラマは全部伏線ですよ」と羊飼いに急に言われるが如しである。

 イレギュラーに対しては素直に驚くなり感動するなり黄金樹の周囲をスキップするなりすりゃええやろが、殺すぞ。という反駁を受けそうであり、これを言っちゃおしめえよ、てな感も払拭し切れぬが、要するにメリハリが無い。人間をぼてくり回すアクションシーンとていくら技巧を凝らしていても、茫洋と映画を観、ははっ、とか、にへへっ、とかへらへらして脳味噌のカロリーを消費しない乃公のような者からしてみれば、やがて飽きる。

 コンセプトありきでそれに忠実な映画は本当に素晴らしい。人間をしばき倒すだけの映画とか。
 であるが、故に、人間をしばき倒すだけというコンセプトが呪縛となり、ちょっと違う毛色の場面を観ては観客におろろーん違うじゃねえかとぶつくさ言わせることになる。

 本作には続編の報せがありハリウッドでのリメイクも決定しておるそうだが、そこにドラマと格闘の美しい融合を観たい。映画とは要素々々の融合物なのだ。


ザ・レイド [Blu-ray]ザ・レイド [Blu-ray]

レッド・ステイト [Blu-ray] コロンビアーナ [Blu-ray] アタック・ザ・ブロック [Blu-ray] エクスペンダブルズ2 [Blu-ray] 遊星からの物体X ファーストコンタクト [Blu-ray]

by G-Tools


ザ・レイド [DVD]ザ・レイド [DVD]

レッド・ステイト [DVD] コロンビアーナ [DVD] アタック・ザ・ブロック [DVD] エクスペンダブルズ2 [DVD] 遊星からの物体X ファーストコンタクト [DVD]

by G-Tools




関連記事
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://d1953coldsummer.blog64.fc2.com/tb.php/923-870952e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。