外壁塗装 東京

トップダラー禍津が今年観た映画/2012年ベスト10&ワースト! - 1953ColdSummer

1953ColdSummer ホーム » スポンサー広告 » 映画 » トップダラー禍津が今年観た映画/2012年ベスト10&ワースト!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トップダラー禍津が今年観た映画/2012年ベスト10&ワースト!


 映画とTwitterの組み合わせはこれ不幸と悲劇しか生まずして、はな、乃公は人間やめますかそれともTwitterやめますか、なんつうところまで、まあ、別に追い詰められたわけではないのだけど、今年は本当に楽しかったことと、本当にきつかったことが御座んして、部屋を真っ暗にして小一時間虚空を眺めていたり、茶を点てたる後、茶筅をふんふん振り回しながら茶碗に叩きつけ、何喰わぬ顔をして用便に行き、これまた小一時間虚空を眺むるなどし、兎角虚空を眺めてばかりおった記憶があるので
「今年のベスト映画は何ですか?」
「虚空」
 ということで茶を濁そうかとも思ったのであるが、茶を濁そうにも前述の如くに茶筅を振り回して茶碗を破壊したので濁す茶も無く、渋々、あっこれは渋茶とかけたのですけどね、渋々、今年観た映画ベスト10であるとか、ベスト10予備軍であるとか、観た後に口角を曲げ半笑いになり、かつせせら笑ってこんな映画を観てしまった自分を自嘲したくなった映画であるとか、そういうものを発表して行こうと思うン。

 参考までに。
 トップダラー禍津が今年観た映画/2010年ベスト&ワースト10!
 トップダラー禍津が今年観た映画/2011年ベスト&ワースト+アルファ!

 割と直感的に選出したものであるので、これこれ尊公はその様な作品を称揚しておるが、乃公はその意見には賛同し兼ねるな、この烏滸野郎。とか言われても対応に困って茶筅をふんふん振り回すくらしかできないので、これはにんげん、ひととしての一意見であるということを念頭に読んで下さると助かります。わたしが。

 それでは、まずは今年観た映画ベスト10から発表いたします。

10位:『タイタニック 3D』

タイタニック 3D・2Dブルーレイ スペシャル・エディション(4枚組) [Blu-ray]

感想
『タイタニック 3D』 タイタニック号沈没から今年で100年、そして3Dで蘇るC

短評
自分がどれだけ歳食ったか、涙腺が脆くなったかを再確認できました。


9位:『ミラージュ』

ミラージュ [DVD]

感想
ヴィジランテ・ヒーローの正当なる行く末 『ミラージュ』

短評
ノーランが延々描いてきたことを90分程度でスパっとまとめた佳作。


8位:『KOTOKO』

KOTOKO 【Blu-ray】(初回限定仕様)

感想
『KOTOKO』 Coccoと琴子の狂気は現実を切り裂き侵蝕する

短評
観た後に悪いもの貰ったかのように背中が重たくなりました。


7位:『アーティスト』

アーティスト コレクターズ・エディション [Blu-ray]

感想
『アーティスト』 フィルムを焼いた果てにモノクロやサイレントを超えた愛を

短評
何も悪い事をしていないおじさんをいじめるのはもう止めて!


6位:『ブラック・ブレッド』

ブラック・ブレッド [DVD]

感想
『ブラック・ブレッド』 内戦の傷痕と鳥殺しの肖像

短評
少年期のエロスとタナトスの不均衡と社会への関わり方の難しさを感じました。


5位:『Chillerama(チレーラマ)』

Chillerama [Blu-ray]

感想
サイテー(褒め言葉)映画オムニバス『Chillerama(チレラマ)』で2012年を総括……はしないけど

短評
いやあ、うんこと精子とおっぱいとナチスとゾンビと切株ですから。

4位:『ムカデ人間2』

ムカデ人間2 [Blu-ray]

感想
今世紀最凶のグロテスクを装って帰ってきた!! 『The Human Centipede II :Full Sequence (ムカデ人間2)』

短評
今年のベストメガネ兼ベストデブ大賞。あとこの映画は白黒ではなく白黒の三色映画です。


3位:『ニーチェの馬』

ニーチェの馬 [DVD]

感想
『ニーチェの馬』 神は死に世界は滅び、永劫回帰に亀裂が生じる

短評
長丁場にも関わらずまったく飽きない情報量と解釈の予知。


2位:『ミッドナイト・イン・パリ』

ミッドナイト・イン・パリ [Blu-ray]

感想
『ミッドナイト・イン・パリ』 真夜中の魔法で黄金時代へと

短評
自分にとっては宝物のような映画です。

1位:『ヒミズ』

ヒミズ コレクターズ・エディション [Blu-ray]

感想
『ヒミズ』 闇の中を這いずっているすべての若者へ

短評
住田! がんばれ! がんばれ! がんばれ! 住田! がんばれ! がんばれ! 
これは自分自身の映画なのです。


 ……ということで、今年のベスト10は

1位:『ヒミズ』
2位:『ミッドナイト・イン・パリ』
3位:『ニーチェの馬』
4位:『ムカデ人間2』
5位:『Chillerama(チレーラマ)』
6位:『ブラック・ブレッド』
7位:『アーティスト』
8位:『KOTOKO』
9位:『ミラージュ』
10位:『タイタニック 3D』

 ……と、なります。

 いま考えてみるに、今年の評点は感情移入の可否だったのかもと思う。基本、自分は映画内人物に感情移入などしないのであるが、それでもやはり良くも悪くも方向問わず感情移入してしまうタイミング、状態というものがあって、その情動の振幅で評価を固めてしまったような気配もある。喜怒哀楽、今年選出したベスト10には、どれかの感情が必ず付与されている。……泣ける映画を求めているようで複雑な気持ちではあるが。

 じゃ、気持ちを切り替えて今年の映画ワースト5の発表。どれがより糞かということを決めるのは虚しいと思うので順不同で。

『ダーク・シャドウ』
『ドライヴ』
『哀しき獣』
『桐島、部活やめるってよ』
『アメイジング・スパイダーマン』

 作品そのものが受け付けないものもあれば、残念、惜しかったものもあるし、過剰な賞賛のされ方が気持ち悪かった映画もあります。以上、今年のワースト5です。

 さて、これにて今年の映画感想納めですが、去年ぶつぶつ言っておったようなことを今年もぶつぶつ繰り返すのもあれなので、皆様良いお年を。とは言い条、今年中にあと1回はブログを更新しますが。

関連記事
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



コメント
非公開コメント

色んな意味で

いつも、定期的にお邪魔させて頂いております!あたしが観ている物と違う角度からの感想いつも堪能させて頂いてます。
あー!そう言う見方もあるのだと眼から鱗
これからも、お身体ご自愛下さい。そして
色んな作品を紹介して頂ける事楽しみにしています。ワーストの中にあたしも入れた作品が被っていました(笑)

20121231 13:05 │ from テコURL

ありがとうございます。
いまだに感想の書き方というか吐き方は暗中模索状態ですので、そうしたお声をいただけると何より励みになります。
体調に影響が出ないようにブログとは接しているので、来年はより感想に悪口に頑張れると思います。
ワーストは何か言われるかなーと思っていたら特に何も言われなかったのでちょっと一安心でした。

20121231 21:05 │ from トップダラー禍津URL

トラックバック

http://d1953coldsummer.blog64.fc2.com/tb.php/910-7706950f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。