外壁塗装 東京

『トゥルー・グリット』 それは真実の勇者と、少女の弾丸。 - 1953ColdSummer

1953ColdSummer ホーム » スポンサー広告 » 映画 » 『トゥルー・グリット』 それは真実の勇者と、少女の弾丸。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『トゥルー・グリット』 それは真実の勇者と、少女の弾丸。


tgr1.jpg

トゥルー・グリット 
TRUE GRIT
2011/アメリカ PG12 監督:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ 原作:チャールズ・ポーティス『トゥルー・グリット』


 山本常朝の『葉隠聞書』なんて本には、着道楽、食道楽、色狂いの若者を指して「女脈」と断罪せしむる一節があるのだが、はは、これは上手いことを言ったもので、そうした「今風の若者」は浮世絵に描かれた女と区別が付かぬ、何たる事ぞ、と結んでおるのだね。
 これは現代にも通ずる根深い問題で、確かに、鶏ガラみたいな体型にピチっとした服装をして、食べログで評判の高い店に当たり前のように入店し、そこら辺で捕まえた端女相手に村上春樹みたいな会話をしている現代の男子、なんてものは想像しただけで皮膚に蟲が這い回っているような感覚を覚えるというか、ぶっちゃけ通販で買ったヌンチャクを振り回して怪鳥音をたてながらそこら中のモノやヒトを破壊したくなるのだが、そうして一線を踏み越えてしまうと網走刑務所で数珠繋ぎにされた挙句、ホモの監守にケツの穴を狙われたりして本末転倒なことになるので、丹田の辺りにグッと力を込めて堪えておるのである。

 その点、テキサスという土地は良い所である。
 まず、テキサスという文字列が心強い。この歴史的/地理的に裏付けられた安定感。そこから輩出される人間も非常に男らしく、我が朝が太平の世相に惰眠を貪っておったころ、テキサスの男たちは先住民をやっつけ、犯罪者を縛り首にし、酒やカードや決闘に興じておったのである。

『トゥルー・グリット』は、ジョン・ウェイン主演の西部劇『勇気ある追跡』の原作となったチャールズ・ポーティスの小説を、今再び映画化した西部劇である。西部劇でありながらも、アメリカの現代通俗性を云々、といった賢しいことはあまり言いたくないが、冬枯れした景観を始め、至極ドライな視点で撮られた本作は、コーエン兄弟ならではの作劇が凝らされておる。

tgr2.jpg

 本作の独創的、いや独創的もクソも、原作もジョン・ウェイン版もそうだったのでこれはコーエン兄弟のお手柄とは言えないが、とかく特徴的な部分として、ヘイリー・スタインフェルド演じるマティという少女の存在がある。では、この少女が乾いた西部劇に官能をもたらしているのかというと全然そんなことはなく、むしろ、マット・デイモン演じるテキサス・レンジャーや、ジェフ・ブリッジス演じる保安官とひっくるめて、一種の擬似家族を形成しているというところが興味深い。勝手な行動をしては周囲の足を引っ張り、餓鬼らしくない言動をしては周囲を困惑させる。そして、父の仇を討つと言いながら、生前の「父」に関してはほとんど触れられない。父の仇を追う過程で、このマティという少女は家族の概念を再構築していくのである。

tgr3.jpg

 そして、この乾いた西部劇を観ている最中、ふしぎなことにわたしの脳裏には『スタンド・バイ・ミー』のイメージが去来していたのである。本作『トゥルー・グリット』では、追跡中に高く吊るされた死体を発見するシーンがあるのだが、おそらく死体繋がりで類推されたのであろう、『スタンド・バイ・ミー』では死体を発見することが一応のゴールとなり、『トゥルー・グリット』では死体を発見することによって悪党一味への眼差しを新たにする。映画に於ける死体とは何か。暴論を承知で言えば、それは「記号」である。そして、森の中で「記号」を発見するという共通点に於いて、『スタンド・バイ・ミー』と『トゥルー・グリット』はその作品が持つ気風を殊更に強調できておるのだ。

tgr4.jpg

 昼と夜、天気と闇を交互に繰り返しながら、少女マティと隻眼の保安官は父の仇が逃げ込んだ悪党一味を追い詰めていく。悪党には悪党の言い分があるのだが、これは例によって手前勝手な言い訳なので、一切の耳を貸す必要は無い。

 ここでポイントになるのが、主人公たちは決して仇討ちを「渇望」していたのではない、ということ。

 いや、話の根幹に関わることだし何を寝言言っとんじゃ、こるぁ、と思われる向きもあろうが、まあお待ちなさい。
 例えば、生前の父を恋しがるシーンが丹念に描かれていたのであろうか。例えば、仇を討ったとして、身寄りの無い少女はどうするつもりだったのか。例えば、保安官やテキサス・レンジャーの父性の方が大きく描かれていたのは、どういった意味なのであろうか。
 西部劇は単純なもの、という刷り込みをよそに、コーエン兄弟は飽くまで単調なカタルシスを避けた作劇を成している。クライマックス、思いを遂げ、それを胸に成長した少女の姿を見守るのは墓石のみである。父の仇を追跡したあの日々の記憶のみである。そこにカタルシスを味わうことはできるのか?

tgr5.jpg

 本作を映画と考えず、哲学の一種と考えれば彩り多い意見が出てくることだろう。だが、映画は映画であってクイズや学問ではないので、ひとつの映画作品としてお話するが、まあ、主体の作用、行動の帰結がカッチリと描かれた作品であるからして、戯言をも許す地肩の強さがあるのだろう。
ノーカントリー』ほどの深淵と虚無は無いが、巌のように押し黙りつつ、無言での教唆するような感覚はある。

 そして、仇討ちの旅に少女マティが体験した様々な出来事は、観客からしてみれば容易に思い出せるし、マティの主観からしてみれば忘れることのできない日々である。
「トゥルー・グリット(本物の勇者)」というタイトルは、マティへの包容力も込みで掲げられているのかも知れない。


トゥルー・グリット ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]トゥルー・グリット ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

アンノウン ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray] アジャストメント(デジタル・コピー付) [Blu-ray] ブラック・スワン 3枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray] 英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray] アウェイク Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

by G-Tools


トゥルー・グリット スペシャル・エディション [DVD]トゥルー・グリット スペシャル・エディション [DVD]

アジャストメント [DVD] ザ・ファイター コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD] キラー・インサイド・ミー [DVD] 英国王のスピーチ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD] ファースター 怒りの銃弾 [DVD]

by G-Tools


トゥルー・グリット (ハヤカワ文庫 NV ホ 16-1)トゥルー・グリット (ハヤカワ文庫 NV ホ 16-1)
チャールズ・ポーティス 漆原 敦子

勇気ある追跡 [DVD] True Grit 流刑の街 (ヴィレッジブックス) トゥルー・グリット スペシャル・エディション [DVD] トゥルー・グリット ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

by G-Tools




関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://d1953coldsummer.blog64.fc2.com/tb.php/718-c70b56bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。