外壁塗装 東京

『ふゆの獣』 世界は、いともたやすく壊れてしまいました――。 - 1953ColdSummer

1953ColdSummer ホーム » スポンサー広告 » 映画 » 『ふゆの獣』 世界は、いともたやすく壊れてしまいました――。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『ふゆの獣』 世界は、いともたやすく壊れてしまいました――。


huyuk1.jpg

ふゆの獣
2011/日本 監督:内田伸輝


 中古車が買える程度の製作費(パンフレットより)、たった4人の登場人物、手持ちカメラによる長回し、簡単なプロットとキーとなる台詞以外はすべて役者の即興劇、と、かなり実験的に拵えられた映画。

 海外用に設定された本作のタイトルは、『LOVE ADDICTION』であり、これ即ち「恋愛中毒」なる意味であって、はは、恋愛中毒、ねえ。この四文字だけで頭痛が襲来、視界がピンク色に染まって苛々が雲の如くに頭頂に湧き気がおかしくなってしまいそうになるのだが、そこはそれ、丹田の辺りにグッと力を込め、ふゆの獣、これ即ち冬眠しない獣=人間である、なんて巧妙なタイトルの方に意識を集中し、1時間40分、本作を堪能してきた。

 えっとね、ユカコは同僚のシゲヒサと半同棲状態でぇ~、でもシゲヒサはこれまた同僚のサエコとも浮気しててえ、サエコはサエコでさあ、これまたまた同僚のノボルに告られててフッたばっかりでさぁ、ノボルはノボルでぇ、シゲヒサの浮気を疑って傷心のユカコをさあ、パックン! ドサに紛れて食べちゃうのよね~(大爆笑)。でさ、でさ、ユカコったらね、シゲヒサの気持ちを確かめるためにね、会社休んでアポ無しでシゲヒサの家に行っちゃうの。そ・し・た・ら・ね、シゲヒサったら、サエコとハメ狂ってる途中だったの(大爆笑)! 気まずいよね~。修羅場よね~。この世の地獄よね~。そんでもってね、もう限界っていうこんなタイミングでさ、な・ん・と、ノボルまでもがシゲヒサの家に来ちゃったの!

 こうした獣性が、本作『ふゆの獣』の骨子である。

 上方落語のちょっとした鉄火場じみた描写ではあるが、バジェットや演出の制限上、ある程度ベタな展開になってしまうのはむべなるかなと特に抵抗はなく、むしろ4人のごく限られた時間、限定的な心理を、収まり良く作品として落とし込んでいるという事実が期待通りでもあり、裏切られたようでもあり。
 いま少しく過剰なもの、暴力的なもの、破壊的なもの(「あなたを殺して私も死ぬ」とか)を期待していなかったのかと問われれば首を横に振らざるを得ないが、恋愛という概念、そのものにスポットを絞り込んだ作品であるからして、特定の層のニーズには答えられているのであろう、内面的な主体的な本質的なモノローグたらしめる映画なのであろう、と、とりあえず陰茎を揉むなどして自分を納得させた。

 本作でユカコを演じている加藤めぐみという人は、監督直々に「共犯者になってくれないか」と口説かれ、本作への出演を了承したという。
 役者の即興が売りである本作でも実にエモーショナルな演技をこなし、半ば自然体とも言えるその等身大の存在感にはとてもリアリティがあって、が故にラストシーンがとてもファンタジックに、どこか浮世離れしたものとして映えているのであろうと思う。冬枯れした林はとても寒々しく、またそれを以て安易にキャラクターの心象描写とはしていないところには好感を持てた。

 撮影は短期間で済んだが、その4時間にも渡る映像を1時間40分に編集するには半年を費やしたなど、トリビアルな要素も興味深い。作中曲のベートーベンをピアノで演奏していたのは撮影、制作と兼業であったとか、ゲーテの『若きウェルテルの悩み』を現代風に再構築したものを演技の念頭に置いていたとか、スモール・バジェットならではの工夫と創意が随所に凝らされている。

 ……と、ここまで書いてふと気付いたのだが、本作の主題よりも、周辺事情や、意図された映画ギミックが個人的には愉しかったのだね。
 恋愛感情ならび、それが内包する特異性や万能感といったものには常々懐疑的なのだが、恋愛、浮気、修羅場といった一種の非日常が持つファンタジスタの、物語上に於ける力にはどこか並々ならぬバイタリティを感じる。そしてバイタリティとは、「獣」が生きていく上での欠かせぬ要素だ。内面だとか外面だとかに拘らぬ、本能の持てる力だ。それをツガイの行方にすべて当ててしまう、それもまた獣性。




関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://d1953coldsummer.blog64.fc2.com/tb.php/713-63a69349

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。