外壁塗装 東京

『マジカル・ガール』 - 優しい悲劇 - 1953ColdSummer

1953ColdSummer ホーム » スポンサー広告 » 映画 » 『マジカル・ガール』 - 優しい悲劇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『マジカル・ガール』 - 優しい悲劇


mgclg11.jpg

ジカル・ガール
MAGICAL GIRL
2016(2014)/スペイン/PG12 監督/カルロス・ベルムト 出演/バルバラ・レニー/ルイス・ベルメホ/ホセ・サクリスタン/ルシア・ポリャン/他
魔法少女ユキコは
悲劇のはじまり。



 上は大火事、下は大水、これな~んだ?(答え:インターネット) こんな世が世なら死罪に問われるような書き出しでブログを更新している間にも季節は移ろい誰にも止められない時の河は続いてゆくわけですが、紳士淑女オタクサブカルキチガイコジャレ各位が今日もインターネットで貴重な時間をドブに捨てているであろうこの瞬間にもどこかで詩が生まれ、小説が生まれ、音楽が生まれ、映画が生まれ、遠く以西把爾亜では『マジカル・ガール』という秀作ノワールが生まれているわけです。秀作。秀作だなんて臭作みたいな形容で不快になった人が居たらゴメンクサイ。という事でその存在を知った時からツバつけてた『マジカル・ガール』をやっと観てきたんですよ。久しぶりにそわそわ、というかどきどきしながら、高まりを抑えきれず、上映前にロビーでパンフレットを全部読んじゃったりして、これではまるで思春期の中学生。挙動不審の極みですね。マジでシブメンキメてジャップカルチャーに傾倒した挙句ガチセンスでこんなものを撮り上げたカルロス・ベルムト監督ほどではありませんが。とにかくその題名の響きやティーザー、魔法っ娘ブリッコしているアリシアことルシア・ポリャンの愛くるしさに騙されたが最後、「やいカルロス・ベルムト! てめえ!」となる事は請け合いで、安いNIPPON描写に苦笑するつもりで居た無意識下の自分が、如何に愚かで間抜けで阿呆で痴愚で合体ロボで言うと足に変形する奴でマカーでスタバでノマドだったかをやがて流される血によって思い知らされる事になる。NIPPON描写、安くねえよ。敢えて行為を見せず仄めかしに留めつつ、その仄めかしにイヤスメルが漂いまくっている“黒蜥蜴”の部屋。勅使河原宏の『砂の女』をオールタイムフェイヴァリットに挙げる監督がチョイスしたるは乱歩! そういや作中で魔法少女ユキコのドレスの値段を検索していたときの検索エンジンの名前も“Rampo”でしたね。ドラゴンボールに深ハマりして、その再解釈コミックを出版していた/いるという経歴を持つ監督から放たれるローブロー。見事に丹田の辺りにヒット。ヘンな声が出る。ジャップランドのポップカルチャーを楽しそうに語るカルロス・ベルムト(でも『聖闘士星矢』が「悲劇的な話だ」というのには「???」となったよ)に、OTAKUやHENTAIやBUKKAKE程度の「日本が好きな外国人」像を勝手に当て嵌めていた自分が恥ずかしくなりましたね。よく知らないんですが近年の魔法少女モノで流行り(?)の円環(?)や魔法を使役したが故に訪う“悲劇”をグラン・ギニョールとしてワガのたなごころに落とし込む作劇も近年的で見事の一言。そのヤバさが最高潮に達するのがラストでのあの対峙。こういう事をぶっちゃけるとアメコミ映画に性的興奮を覚えようとするタイプの人とかに棒や手斧で殴られそうなんですが、まあ、ぶっちゃけてしまうと、あの対峙には凡百のアメコミ映画やアクション映画とは一線を画するテンションのゲインを感じました。嗚呼、やっぱり可哀想な人が可哀想なまま彼岸に旅立つ物語は良いなあ。白血病の女の子アリシアが憧れているジャパニメーション“魔法少女ユキコ”に代表される和モノをイロモノとしてではなく、適切適宜なギミックとして信を置いたホンを書いたこの監督こそ、映画にマジックを付与した真の魔法中年なのです。正調ノワールとしての表情を見せながら、時折、ゾッとする演出でサスペンスを盛り上げる。主人公と目される4人のうち、それが2対2の構図となっているのもイイ。魔法少女ユキコに変身できたアリシアあればトカゲの部屋に入っていったバルバラ在り。お互いに魔法を実現させた結果がカタストロフを呼ぶ。この世の原理原則を無視した魔法には代償が伴うんだよ、だから常にお金には困らないようにしておこうねという夢も希望も無いメッセージがこの映画には込められており、何だか嬉しくなりました。




関連記事
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://d1953coldsummer.blog64.fc2.com/tb.php/1488-dbb71ed2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。