外壁塗装 東京

『劇場霊』 - 女優魂 - 1953ColdSummer

1953ColdSummer ホーム » スポンサー広告 » 映画 » 『劇場霊』 - 女優魂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『劇場霊』 - 女優魂


gkjri11.jpg

場霊
2015(2015)/日本/G 監督/中田秀夫 音楽/川井憲次 出演/島崎遥香/足立梨花/高田里穂/町田啓太/中村育二/小市慢太郎/他 主題歌/Thinking Dogs/『もしもあなたが…』
ぜんぶ、ちょうだい。


 最近、Skypeを立ち上げるたびに、どこでIDを嗅ぎつけてくるのか有難い事に外国の方がaddして下さりやがるので、「hey」とか言われたら有難さを込めて「うるせー馬鹿」と返答しているのだけれども、かかる孤独な闘いに身も心も疲れ果てた乃公は映画でも観て滝のように泣きポップコーンを撒き散らして笑い転げて通報され、じゃなかった、癒されようと劇場に向かったのである。目当ては『女優霊』の中田秀夫監督最新作『劇場霊』。ゲキジョウレイ。久方ぶりのJホラーでんな、そうでんな。と、劇場に向かって礼をすると私はハコへと潜り込んだ。

 実は島崎遥香とかいう、赤穂浪士四十七士みたいな名前の集団に属するブ○イクが主演を張るという事でかなり警戒(攻撃に参加してもタップしない)していたのだが、いざ観てみると、あー、おー、おおお、いーじゃんGジャン最高じゃん、と、岡田あーみん様もビックリする程のボディランゲージとスクリーミングを見せてくれて、ははは、甘露々々、などと思っていたら、最後の最後にまさかの顔射、いやぶっかけまでもサービスしてくれたので、アイドルが主演を張る事への偏見は良くないと改めて思いました。前田敦子の『もらとりあむタマ子』(感想)も良かった事であるし。

 ただ物語は、物語と言って漠然とし過ぎならばギミックは、さほど目新しいものでもなければサスペンドに富んだものでもない。<ウョギンニキイ>が無機物の分際で分際をわきまえず人間様を襲撃するなんて話は食傷気味であるし、そのカテゴリをリブートする意味でなら尚更二次的三次的な斬新さ(現代性)が要求される。『女優霊』の脚本を務めた高橋洋は、地下鉄サリン事件以降の空気を黒沢清『CURE』を引き合いに出しながら「Jホラーと呼ばれる作品群が受け入れられる土壌」と言う。そして中田秀夫監督はディスカッションの末に今回の「幽霊」の媒体を決めたと言う。となるとJホラーというジャンル自体が90年代に紐付けられたサブカテゴリのようなもので、エアマックス95やポケットベルやたまごっちを懐かしむ感覚で様式美を確認するのが粋、というものなのかも知れないのだけれども、あの頃――黎明期のJホラーに自分が感じた革新性や未来的な感覚を否定されたくはないのだ。現代のアイドルに主演を任せる決断や、ともすれば古風な怪奇譚を敢えて今やる反骨にそこら辺の最適解を導き出す鍵があるのかも知れない。

『女優霊』にちびりまくった、あらお下品でしたわね、失禁しまくった身としてはそこかしこにセルフ・オマージュが散りばめられているのも良いと感じた。レート対策のために死体を<ウロシ>として小奇麗に留めているのと、いざコトに及ぶ動作がグロテスクというかエロティシズムにまみれている点に目をつむれば、アレの動きなんかはまんま『女優霊』の関節が曲がっちゃいけない方向に曲がった人を想起させるし、ある人の最期なんて指差して「これ! これ!」と言いたくなる程の爆笑モノ。だがずっとぺちゃくちゃぺちゃくちゃお喋りしていた右隣と真後ろの観客は、それを観て急に黙って息を呑んでいたので、実は90年代の残滓とも断言できないコワサの普遍性みたいなものは完成されていて、Jホラーの在り方に私ごときがどうこう言うのもお門違いなのかもな、と、微妙な気分になりつつ、了。
 あ。ところでこれ実は三部作の第一章だとかいう噂は本当なんですか。


劇場霊 (角川ホラー文庫)劇場霊 (角川ホラー文庫)
加藤 淳也

Mgirl 2015-16 AW ([テキスト]) アドレナリンの夜 (竹書房文庫) 女優美学IV-木村文乃 真野恵里菜 橋本愛 島崎遥香 シャーロット・ケイト・フォックス 知英 山崎紘菜 ハン・ヒョジュ 蓮佛美沙子 小橋めぐみ 松風理咲 橋本真実 (東京カレンダーMOOKS) ParU ar(アール) 2015年 12 月号 [雑誌]

by G-Tools




関連記事
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://d1953coldsummer.blog64.fc2.com/tb.php/1425-ed3b7f81

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。