外壁塗装 東京

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』 - 踏まれたヒトの名前も知らずに - 1953ColdSummer

1953ColdSummer ホーム » スポンサー広告 » 映画 » 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』 - 踏まれたヒトの名前も知らずに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』 - 踏まれたヒトの名前も知らずに


aotit11.jpg

撃の巨人 ATTACK ON TITAN
ATTACK ON TITAN
2015(2015)/日本/PG12 監督/樋口真嗣 脚本/渡辺雄介/町山智浩 特殊造型プロデューサー/西村喜廣 出演/三浦春馬/長谷川博己/水原希子/本郷奏多/三浦貴大/桜庭ななみ/松尾諭/渡部秀/水崎綾女/武田梨奈/石原さとみ/ピエール瀧/國村隼/他 原作/諫山創/『進撃の巨人』
運命に挑め――。
戦わなければ、勝てない。



 公開前からもう映画本編よりも場外乱闘の方がかまびすしく、未だ鎮火する様子も無い『進撃の巨人』を観てきた。
 
 原作未読の向きに対しては易しく、既読である評論筋に際しては今日的に語られる人喰い謝肉祭。
 と、巧言令色を列挙しないとと本作の関係者からインターネットで殴られるという都市伝説めいた何らかを目にしたので、巧言令色に美辞麗句、甘言佞言を弄して保身を図ろうとしてみたのですが、そうしたらサブイボは浮かぶわ嫌な汗は滲むわ丑寅の方角で黒猫が鳴くわと凶事に見舞われたので、目の前に鏡を置かれた蝦蟇のごとき表情で今タイピングしています。

 ほで、そげな話はどうでも良くて、事前のボランティアエキストラ募集の時点で映画ファンの耳目を集め、要る想像と要らぬ想像をちょらちょら働かせた肝心肝要の“巨人”の描写は一体全体どうであったか、というような点に諸賢のガン見を感じてしまうので御座いまするが、ごく私的に言わせていただきますとあれはアリだと思いました。アリかナシかの二極で判断する事は愚かしい上、知的怠慢であるとの誹りも免れまいというものですが、後半、カメラが巨人を俯瞰する視点になるのでスケール感が狂う、特殊メイクを原作準拠に素朴にした結果暗黒舞踏を嗜んでいる人にしか見えない、鳴き声が普通の人が頑張って腹から声を出そうとしているようにしか聴こえない、などという点に目を瞑れば、愚かしい上に常に知的怠慢な私めにして、数々の引用はあれども「アッ、これは新しいジャパニーズクリーチャーだっ」と思わしめるに至ったと言います。

「性器が無い」巨人の皮膚感は、CG処理を施されているとは分かっていても生あるもののそれとは一線を画しており、一線を画したそれがわらわらと文明に群がり来る様子は怪獣映画とゾンビ映画の幸福なミクスチャー。踊り食いされる人間から噴き出す血糊の量がこの一大狂騒曲を祝福しており、「クリーチャーが巨人には見えない」人にはゾンビ映画としての奏でを、「クリーチャーがちゃんと巨人に見える」人には怪獣映画としての調べを提供してくれる。

 ……というのは多分に好意的な解釈で、やはり日本人顔の巨人は特殊処理を施された日本人にしか見えないし(外国人も居るが)、つまるに人間が人間を捕食しているようにしか見えない、という意見もあろうしそれが『食人族』的な愉悦を以て許容されているのならば良いが、この関門により作品世界への没入を阻止された向きも多々居る事だろうと思われる。さしずめ日本人同士で「エレン」だの「アルミン」だの呼び合っている事よりも重大な問題である。が、本作のジャパニーズ仕様の巨人には、低予算ホラー映画が行き詰っていたJホラー派生クリーチャーの在り方にひとつの方向性を示しているようにも感じるのだ。

 而して、人間が人間を喰っているように見える、あゝ喫人文化の禍々しさがそこに見える、という視点には原作の肝の一要素があり、それが本作の後編でどう調理されるかに興味は尽きぬところなのだけれども、この未来の巨人神話がどう映画に最適化された叙述を披露してくれるのかには良きにしろ悪きにしろ目線が穿ってしまう。観客が獲得していく謎の答えと作中人物が獲得していく行動範囲は決して等号で結ばれるものではないのだが、納得の理(ことわり)で結ばれる事を願って止まない。後編ももちろん観に行きますよ。


小説 映画 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (KCデラックス 週刊少年マガジン)小説 映画 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (KCデラックス 週刊少年マガジン)
浅倉 冬至 渡辺 雄介 町山 智浩 諫山 創

進撃の巨人 Before the fall(6) (シリウスKC) 進撃!巨人中学校(8) (講談社コミックス) 進撃の巨人(17) 限定版 (プレミアムKC 週刊少年マガジン) 劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~エンディングテーマ the DOGS produced by 澤野弘之 進撃の巨人 隔絶都市の女王(下) (講談社ラノベ文庫)

by G-Tools


進撃の巨人 コミック 1-16巻セット (講談社コミックス)進撃の巨人 コミック 1-16巻セット (講談社コミックス)
諫山 創

進撃の巨人 悔いなき選択(1) (KCデラックス ARIA) 進撃の巨人 悔いなき選択(2)<完> (KCデラックス ARIA) 進撃の巨人(17) (講談社コミックス) 進撃の巨人 悔いなき選択(2)特装版<完> (プレミアムKC ARIA) 寸劇の巨人(1) (講談社コミックス)

by G-Tools




関連記事
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://d1953coldsummer.blog64.fc2.com/tb.php/1386-e7aa1d6a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。