外壁塗装 東京

ラス・オブ・ゴッド - 『イントゥ・ザ・ストーム』 - 1953ColdSummer

1953ColdSummer ホーム » スポンサー広告 » 映画 » ラス・オブ・ゴッド - 『イントゥ・ザ・ストーム』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラス・オブ・ゴッド - 『イントゥ・ザ・ストーム』


ittst4.jpg

ントゥ・ザ・ストーム
INTO THE STORM
2014(2014)/アメリカ/G 監督/スティーヴン・クエイル 出演/リチャード・アーミテイジ/サラ・ウェイン・キャリーズ/マット・ウォルシュ/アリシア・デブナム=ケアリー/他 
“怪物”のど真ん中へ――


 竜巻に飲み込まれた事は無いし、積極的に飲み込まれたいと思った事も無いのだが、竜巻ってすげぇなぁ、何か飛行機まで吹っ飛んでるし。と、心の内の破壊願望? 最近の映画に渇えていた原初の炎? が、めらめらと燃え上がるのを感じた。
 
 人間が死なない映画も楽しいものだが、人間が死ぬ映画はもっと楽しい。中でもより不条理に理不尽に死の一文字が登場人物に付与されて行く映画には脳内麻薬を分泌させる効果があるのではないのかと勘繰ってしまう程で、それまで雑に積み重ねられた人間ドラマに終焉の秋なりと終止符が打たれるその様子には、それがインディーズ作品であろうが巨匠作品であろうが丹念に錬成された美学が垣間見える。この美学以て製作費に左右されない判断基準が窺えるのはとても良い事だと思いますね。

itts2.jpg

 ほで、ある日おらが町に竜巻がやって来た。卒業式を終えた高校生たちも竜巻撮影チームもYouTuberも逃げるわはしゃぐわ死ぬるわでてんやわんやの大騒ぎ、という賑やかしの中、竜巻は合体してかつて観測された事の無い大きさになり……。というのが大まかなお話なのだけれども。

「竜巻」の部分を地震雷火事親父何に変えようが割と意味が通ってしまうのがディザスター映画の良いところで、

(1)平穏な暮らしの中でしょうもない悩みを抱えている人間と脳天気な人間がへらへらしている。
(2)不穏な予兆があり、賢い人間は注意を喚起するのだが賢くない人間は聞く耳を持たない。
(3)大災害が起きて多くの人間が右往左往し始めるが時既に遅し。人死にが出る。
(4)ちょっと感動させるようなエピソードを挟みつつ、災害は収束の方向に向かう。

 という、起承転結の様式美がきっちり守られているところに安心感と絶望感を感じます。それこそ『ゴジラ』から『タイタニック』にまで見たような手法で、いくらミクロの個人単位をドラマ付けて死をチラリズムに留めていようが、その実メガデスが発生しているという事は私が言上する間でもなく、G指定である本作『イントゥ・ザ・ストーム』では人間や車両が竜巻に飲み込まれ、吹っ飛ばされるという湾曲表現でお茶を濁しているものの、あのシルバートンの町の惨状から鑑みるに、どうしても助かった人間<助からなかった人間という不謹慎な不等式がドタマに浮かんでしまう。それ程までの破壊を齎す士魂魔道大竜巻(あっこれは別の映画だっ)のVFXも素晴らしい。

ittst1.jpg

ittst3.jpg

 そして『タイタス』なる装甲車まで用意して竜巻を追い求めた男の夢が叶うあの瞬間、恍惚の時間。本作に「泣き」ポイントを見るとすれば夢追い人と神の怒り(Wrath of God)が神我一体となるあのシーンをこそ挙げなくばならないでしょうし、「笑い」を求めるとすればYouTubeの再生回数のために身体を張るオモシロネット芸人の肝っ玉(馬鹿とも言う)にそれを見出す事も出来ようし、泣きと笑いの中間点には高校生の家族ドラマがバランサーとして配置されている。ただ壊せ潰せ破壊しろというディザスター映画の前提に寄り添うかたちで撮られたこれらのドラマにも果たして美学に類するコダワリはあって、が故に一層破壊の爪痕は際立つのである。


イントゥ・ザ・ストーム ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]イントゥ・ザ・ストーム ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

LUCY/ルーシー [Blu-ray] フルスロットル  ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray] トランスフォーマー/ロストエイジ ブルーレイ+DVDセット(3枚組) [Blu-ray] バトルフロント [Blu-ray] ザ・ヘラクレス  ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]

by G-Tools




関連記事
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://d1953coldsummer.blog64.fc2.com/tb.php/1313-1c6ee392

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。