外壁塗装 東京

ドン底に蠢く - 『そこのみにて光輝く』 - 1953ColdSummer

1953ColdSummer ホーム » スポンサー広告 » 映画 » ドン底に蠢く - 『そこのみにて光輝く』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ドン底に蠢く - 『そこのみにて光輝く』


snmn1.jpg

このみにて光輝く
2014(2013)/日本/R15+ 監督/呉美保 脚本/高田亮 撮影/近藤龍人 出演/綾野剛/池脇千鶴/菅田将暉/高橋和也/火野正平/他 原作/佐藤泰志/『そこのみにて光輝く』
すべての終わり、
愛の始まり。



 何なんですかこの人生のドン底映画は、と思っていたら、「そこのみにて」は「底のみにて」にかけてあるとパンフに記述があったらしい。な~んだ! 何を納得したのか自分でもよく分からんが納得しておいた方がお得感があるし、お得感、なんつう生活臭のキッツイ言い草以上に素晴らしいのは我らがセックス・シンボル池脇千鶴ちゃんがまた脱いでいる事実です。池脇おっぱいお久しぶり! 『ジョゼと虎と魚たち』ぶりだね! ン? ちょっと大きくなったかにゃあ? すみません、もう止めます。

 しかし、人刺して保護観察中の弟・拓児(菅田将暉)を持つ姉・千夏を演じる池脇千鶴は、もう本当に場末に居そうというか、微妙なぽっちゃり具合に太ももも眩しい塩梅で、生活臭のキッツサに鼻をくんくんしたくなるのだけれどもそこはやっぱり映画の世界、菅田将暉と池脇千鶴姉弟のバラックにある日綾野剛がやってきて……なんてなキャストでこまされたらやっぱり私めらとの位相の違いを見せつけられますね。

 脳梗塞で要介護状態なのに性欲だけは残っているという厄介な父親を抱えている上、保護観察条件として弟が働かせられている植木屋の親父に半ば脅されて愛人となっている千夏は、イカの塩辛工場で週三で働きながら裏では不特定多数の男に春を鬻いでいる。そんな家庭にある日関わる事になった達夫(綾野剛)は彼女たちにとって救いをもたらす存在だったのかただの傍観者だったのか。

 達夫も達夫で、ある事故を原因に職場を離れプータローをやっているのだが、この家庭の因果にはちょっと敵わない。が、千夏の裏の顔を知って「8000円?」とか言って面を張られたりしながらも拓児とそれなりに意気投合し、打ち解けつつあるのだがどっこい達夫は童話の王子様ではなかった。嗚呼ここは函館。そろそろ地方の貧困をみんなで見つめよう映画は止めませんか。あっやっぱり止めないで面白いから。しかし『共喰い』(感想)で主役を張ったフィリップ菅田将暉くんも絵に書いたようなDQNっぷりで惚れ惚れする。パチンコ屋での初登場時、ちょっと誰だか判らなかったくらいだし。このまま地方の貧困をみんなで見つめよう映画の新星として頑張っていただきたい所存です。マイルドヤンキーの絆理論を適用したくはないが、姉でもないのに可愛がりたくなる「弟」っぷり。正直な話、最初は眉をひそめていたキャラなのにこの馬鹿(褒め言葉)がどんどん好きになっていく自分が居ました。

snmn3.jpg

 原作にそうした描写があったのかどうかは寡聞にして知らないのだけれども、お客さんに振る舞うチャーハンを鍋から直接犬食いした後によそってあげたり、軽食店で安っぽいカレーを美味そげに食べたり、かと思うと帰宅してしゃもじで直接味見をしたりと行儀のなっていない様子、つまり、この言葉はあまり使いたくないが「底辺」のリサーチはかなり微に入り細に入っている。主に食に関する部分で育ちが出る、という着眼点はとても良い。ベタならベタなりにベタである由縁を丁寧に描く感覚は女性監督ならではの機微。がさつな人間ばかりが出てくるのだけれども、本当に居そうながさつさと申しますか自分の知己を連想してしまって苦虫を耳から突っ込まれたような表情になります。

snmn2.jpg

snmn4.jpg

 そんな中、厭世的な達夫の佇まいに千夏も拓児も惹かれていくというのは感覚的によく理解できて、地方の閉塞感から連れだしてくれる役割を期待してしまうのもむべなるかなとは思う。のだが、厭世は繊細さとイコールであるので、達夫が物語に対して(或いは力ずくの)介入を行なう事は主題に据えられてはいない。むしろ千夏という美味しいところだけを取ろうとする「部外者」であると言っても過言ではなかろうと思う。部外者と言って悪ければ語り部と言い換えても構わないが、ひとつの貧窮した家庭を観客に説明する以上の過剰な役割を期待すると肩を落とす事になる。だが最後のカットで光り輝く美しさに乗せて、善きにせよ悪しきにせよ何らかの変化を観客に伝えるのも彼(+α)なわけで、救われたのだか救われていないのだかよく判らないけど一縷のなにがしを感じるところに本作の首肯があると思うわけです。


そこのみにて光輝く 豪華版Blu-rayそこのみにて光輝く 豪華版Blu-ray

美しき酒呑みたち 四杯目 [DVD] 私の男 [Blu-ray] 捨てがたき人々 [Blu-ray] CM NOW boys Vol.4 ほとりの朔子 [Blu-ray]

by G-Tools


そこのみにて光輝く 通常版DVDそこのみにて光輝く 通常版DVD

捨てがたき人々 [DVD] 私の男 [DVD] 妻が恋した夏 [DVD] 渇き。 プレミアム・エディション(2枚組+サントラCD付)[数量限定] [DVD] 48days [DVD]

by G-Tools


そこのみにて光輝く (河出文庫)そこのみにて光輝く (河出文庫)
佐藤 泰志

海炭市叙景 (小学館文庫) きみの鳥はうたえる (河出文庫) 移動動物園 (小学館文庫) 黄金の服 (小学館文庫) 大きなハードルと小さなハードル (河出文庫)

by G-Tools




関連記事
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://d1953coldsummer.blog64.fc2.com/tb.php/1293-75855a63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。