外壁塗装 東京

いびつな窓と摩天楼とインターネット - 『ブエノスアイレス恋愛事情』 - 1953ColdSummer

1953ColdSummer ホーム » スポンサー広告 » 映画 » いびつな窓と摩天楼とインターネット - 『ブエノスアイレス恋愛事情』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いびつな窓と摩天楼とインターネット - 『ブエノスアイレス恋愛事情』


barj1.jpg

エノスアイレス恋愛事情
MEDIANERAS/SIDEWALLS
2013(2011)/アルゼンチン/スペイン/ドイツ 監督/グスタボ・タレット 出演/ハビエル・ドロラス/ ピラール・ロペス・デ・アジャラ/他


ブエノスアイレスでのいびつで不揃いな建築事情がお洒落げに語られる冒頭を観るに、漫画ワンピースの一部読者がいちいち「ほら、俺ってオタクだから~」と予防線を張るに似た空気を察したというか、ぶっちゃけ地雷踏んだかな? かな? つて、脳内にわかにかき曇り、こころの内の黒雲をジッと睨んでまるで私は桶狭間に臨む信長公、死んでくれるわっ、と、まあ意を決して最後まで観たのだけれども、そんな被害妄想の話はどうでもいいので率直なところから言うと、中々コジャレた小品でした。

barj4.jpg

 都市の急発展に伴い混沌としてゆく建物群の中、様々な恐怖症を抱えた男女がそれぞれ恋愛に敗北を繰り返し、チャットで慰め合うのだけれども実はお互い何度も街中ですれ違っており……という筋書きなのだが、「あゝ退屈だなぁ。宇宙人でも襲撃してこないかしらん、かしらん」と思わしめる寸前でショットを切り替えたり、シャレオツな小物をアピールしたり、そんな工夫が凝らされていて、突如として挿入されるアニメパートやそれに準ずる演出にも特に違和感無く、しいて言えば宇宙人でも襲撃してきたらもっと面白かったのだが、そこまでああせえこうせえと言うのは紆余曲折を経て本作で長編デビューを果たしたグスターボ・タレット監督に対して図々しいというものでげしょう。

 あんたがたどこさ、肥後さ、肥後どこさ、なんてな会話に終始し三度笠に鍬に手拭い、ゴム長靴といった出で立ちが最先端のファッションであるわたくしめらには最早想像を致す事くらいしか出来ませんが、モダンな建築物に囲まれてApple製品で出逢いを探し、デザインや装飾で口に糊する男女のまぐわい、じゃなかった、まじわりというものは手筈を整えずともまだ得心のゆくもので、その内省するところには幾らか思い当たる節もないでもない。フリーランスでのウェッブデザインを正業としておるマルティンは色々な恐怖症を抱え、且つ女性関係が上手く行かぬと贅沢な悩みにうつつを抜かす主人公なのであるが、そこには当人なりの、当人にしか分からない苦悶があるわけで、でないと仕事を終えてまでカタカタとPCを弄くり回すような人間にはならない。それは自己破壊の遂行に無自覚という事で、すなわち緩慢に自死を遂げようとしているのである。よその国のオシャレタウンでのお話なのに身につまされますね。誰かが。

barj2.jpg

 ほで、もうひとりの主人公マリアナはマリアナで需要の多い建築家になったは良いが何ひとつ地図に残る仕事をしておらず、群衆恐怖症と閉所恐怖症を抱えつつ男性関係も上手く行かない。マルティンとの鏡合わせ、と決め付けるのも早計な気がするのでもうちくと考えを凝らしてみると、ブエノスアイレスっつう多様な建築群を表情とした街で多様性に最適化されたマルティンとマリアナは、皮肉な事に平均化されてしまい尖っても丸くもないキャラクタとしてデザインされているのであって、が故に10を求められたり1を求められたりしている内に5くらいのものしか提供できなくなった環境的な犠牲者とも言えましょう。幾度も繰り返されるショウウィンドウや小さなビル、いびつな窓の描写。そんな前衛的な環境に、均された人間が置かれたら……。当然、適応に困難を極めるので10の人間とも1の人間とも上手く関係が築けない。だから、インターネットでお互いの5を求め合うのも作劇としては必然なわけです。

barj3.jpg

 そんな2人が偶然を介してどうにかなる、という点に脚本の浅さをやや感じないでもないのだけれども、我々が地獄インターネットと呼ぶバーチャルな空間と大都市での疎外感の関係性について語りたくなった、と監督は発言しておるらしく、まあ、要するに、ネゲットでしょ? 今風に言うとオフパコか、てえ下賎で卑しくちょっと救いのない豚以下の感想が湧いて出るのは私もまた地獄インターネットと日々接しているからであるが、ネットでの出逢いをブエノスアイレスの街並みを背景に見栄を切ってみせた本作は、ネット=怖いもの、万能道具、スカイネット、といった何となく使い回されている「印象」に掣肘を加えることに成功している、と見て間違いは無いでしょう。これで宇宙人でも襲撃してきたらもう何も言う事も無かったのだが、インターネットを小宇宙に見立て出逢いの奇跡を提示したがごとき本作にそこまで言うのも気が引けるので。


ブエノスアイレス恋愛事情 [DVD]ブエノスアイレス恋愛事情 [DVD]

8月の家族たち ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray] クスクス粒の秘密  [DVD] 朝食、昼食、そして夕食 [DVD] メイジーの瞳 [Blu-ray] 鑑定士と顔のない依頼人 [DVD]

by G-Tools




関連記事
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://d1953coldsummer.blog64.fc2.com/tb.php/1232-3ca4c1f6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。