外壁塗装 東京

畜生は、ずっと同じ所に閉じ込めておくと - 『共喰い』 - 1953ColdSummer

1953ColdSummer ホーム » スポンサー広告 » 映画 » 畜生は、ずっと同じ所に閉じ込めておくと - 『共喰い』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



畜生は、ずっと同じ所に閉じ込めておくと - 『共喰い』

tmgii1.jpg

喰い
2013(2013)/日本/R15+ 監督/青山真治 脚本/荒井晴彦 出演/菅田将暉/木下美咲/篠原友希子/光石研/田中裕子/他 原作/田中慎弥/『共喰い』
母さん、なんで僕を生んだのですか?
あの男の血をひく僕を――。



先ず、何から言の葉に乗せてよいか判断に迷う場合というのは多々あって、例えば自らを基督と称する知らん人が唐突に自宅に訪ねてきたる場合、黙って門戸を閉ざし塩を撒くなどするわけだが、こと、映画に関して言上すると、1年に、まあ両手の指の数ほどは言葉を失うものに遭遇する。問題は10の内7くらいがこんこんちき過ぎて黙って闇に葬っているという事であるが、10の内、3は絶句というかJuejuというか、皮膚感覚でぞろりとした、という形容しか出来やぬような作品だったりするのである。
『共喰い』
 この悍ましけるタイトルと、何回か予告で観た因果なポルノめいた画ヅラから、ほっほほ、またいなかの厭らしさをみんなで分かち合おうキャンペーンに御座いますか、小生、地獄の底までもお伴しますぞなもし! ぞなもし! と思いつつも、気が付けば上映が終わっていたので鳶屋って言うの? 下呂って言うの? レンタルビデオ屋でその名前を見るまですっかり忘れていたのじゃが、参った参った。降参。平蜘蛛も差し出しますわねこれに。ダークホースだったね。空調と座席の柔らかさの利いた映画館で観ておけば良かったよ。なまじ家で観たせいで身体中を軟体動物門腹足綱(大嫌いだから名詞を出したくない)に這い回られたような気分になった。

 おセックス様の時に女性を殴る性癖を持つ父。その穢れた血を受け継いでいるのかもと内心恐怖しておる息子。
 これらの主軸を鎧うは、その暴力から逃げ出した母親の代わりとなる父の愛人、息子の幼なじみの恋人、そして、山口県は下関市の川縁、海、風呂場に驟雨といった湿気た環境である。昭和の港町というだけでもまっこと気が滅入るのに、環境が災いしてやがてひとりの人間がえげつのない凶行に及ぶのだけれども。

 禁欲的な町並みにウゲゲとなるのは必然的にそこでの娯楽はアレしか無いのであろうと推察できるから。ほで、古谷実絵で脳内に再生される陰鬱な日常と照らし合わせながらロケーションもこれはこれで綺麗だなぁ、つて、呑気な事を言うておると、むんっと汗が香るようなファックシーン。ほらね。顔面に痣を拵えた女、片手の無い女、擬似近親相姦、この時代この地区、この共同体で女性性が如何に理不尽に扱われておるか、呪わしい血に煩悶する主人公遠馬が克己を促されるのは、何も◯◯を◯◯に◯◯されたからではなく、最後に明示される時代の趨勢の変遷と、その実、恋人という等身大の存在から枠が拓けて抑圧された女性性というもの、その肌触りを初めて股間ではなくこころ、たましいで理解したからで、さした情の深い役どころを仮面ライダーWでお馴染み菅田将暉が演じているという事実に、時間、成長を映画とは違う文脈でまた感じたのであった。

tmgii3.jpg

 下々の諦観、庶民の我慢といったものを常態として描くバランス感覚は上手く、まあ悪代官が仕事人に仕事される話では無いので現代なりにアップデートされているのであろうが、しゃこしゃこと魚の鱗を削り続ける元母・仁子の佇まいや父親・円のくっちゃらくっちゃらした食事、円環と障壁そのものである河での釣りなどがもう環境の牢獄とでも言えば良いのか詰め込まれた閉塞感を感じさせ、そういやぁ、虫や鼠などを永らく閉じ込めて餌を与えないでおくと、「共喰い」するのですよねえ、恐いねえ、ははは、お前はこちらにお住まいの方を畜生扱いするのか、この鬼畜が、とペチンと自分の頭を叩いたりもしたものの、自浄作用、とか言えば聞こえは良いのだろうけれども、共同体と世間体、そして自分とある人物の未来を救うために齎された行動を思うと、傍目には共喰いに見えるのだろうが決して「共」同種ではなくそれゆえの矜持もあったのだろうと。

tmgii2.jpg

 獣性の者として描かれる父・円はけだものであるが故に暴君たり得る。小さな小さな共同体でさした人物が生まれてしまうと専制めくのは何も家族関係だけではなく、緊張は伝播する。が、それにも慣れ切って順応してしまうのが哀しいかな小市民。禁忌の蓋をこじ開けられて、やっと事態が好転……とは言わずとも少しでも変わる事で、やっと人々はドラスティックな改革を望むようになる。遠馬が風呂場で自慰をした後におぞましく流した精子、桶から逃げる鰻、予兆は幾らでもあるのだけど切っ掛けが。機会が。つう時に起きるけだものの暴走。共喰い。言葉に詰まるというよりも、身につまされるお話でありました。


共喰い [Blu-ray]共喰い [Blu-ray]

凶悪 [Blu-ray] さよなら渓谷 [Blu-ray] 男子高校生の日常 Blu-ray グダグダ・エディション 花鳥籠(Blu-ray Disc) 受難(2枚組 本編Blu-ray+特典DVD)(Blu-ray Disc)

by G-Tools


共喰い [DVD]共喰い [DVD]

R-18文学賞 vol.2 ジェリー・フィッシュ [DVD] 凶悪 [DVD] さよなら渓谷 [DVD] TAP 完全なる飼育 [DVD] 男子高校生の日常 DVD グダグダ・エディション

by G-Tools


共喰い (集英社文庫)共喰い (集英社文庫)
田中 慎弥

苦役列車 (新潮文庫) 切れた鎖 (新潮文庫) 乙女の密告 (新潮文庫) 図書準備室 (新潮文庫) 神様のいない日本シリーズ (文春文庫)

by G-Tools




関連記事
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://d1953coldsummer.blog64.fc2.com/tb.php/1159-9e543f91

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。