外壁塗装 東京

地獄の道化師の復活切株ショウ 『道化死てるぜ!』 - 1953ColdSummer

1953ColdSummer ホーム » スポンサー広告 » 映画 » 地獄の道化師の復活切株ショウ 『道化死てるぜ!』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



地獄の道化師の復活切株ショウ 『道化死てるぜ!』


sttcch1.jpg

sttcch2.jpg

sttcch3.jpg

化死てるぜ! 
STITCHES
2012/アイルランド/R18+ 監督/コナー・マクマーン 出演/ロス・ノーブル/トミー・ナイト/他


 どこか他人事には感じられぬのだけれども、職業道化師のリチャードさんは非常に仕事に対してやる気が無い、その分際で道化師っつう物珍しき看板にものを言わせて、おそらくはあの片目ライト仕様の道化カスタム軽車両で逢瀬を繰り返したのであろう、ズッ友(ズッコンバッコンともだち)を抱えファックには不自由をせず、顧客のお顔を潰さん程度に宴会芸を仕出しては偸安する、さふいふ人に私もなりたいものであるが、こちとら哀れ囹圄の人。やはり他人事であるわ、つて、本作、『道化死てるぜ!』のかかり始め3分ほどを眺みていたらば、その7分後にはリチャードさん死んだので、さふいふ人になるのは嫌だなあ、と、これからも精励恪勤の振りをして生きて行こうと思いました。

 6年後、とか鷹揚な事を言わんずとも、今すぐぶち殺されても割と構わないような糞餓鬼めらの誕生パーティの余興に呼ばれたクラウン、顔に涙のペイントが無いのでピエロではなくクラウンね、の、リチャードさんは、そのやる気の無い、仕事だから嫌々やっておるのだ、ぐつぐつ言うとったら腹殴るど、と、つまらん手妻を行なうのだけれども、つまらんものにはつまらんと言い、真面目な人があればこれをおちょくるのが餓鬼の性質というものであるし、何よりも、死んだ道化師が蘇って成長した餓鬼どもに復讐をする、つう品書きに期待を寄せた人に失礼なので早々に死んでもらわんと話にならんので、この哀れな道化師は散々っぱら餓鬼どもにおちょくられた挙句、不慮の事故で顔面に包丁をめり込ませて死んでしまう。
 が、道化師どもには何やら神秘めいた儀式をする風習があって、6年後リチャードさんは墓(「ハッピーを振りまいた男ここに眠る」という墓碑銘が泣ける)から手をボコッ、つて復活、しつこく誕生パーティ最中の、高校生になった餓鬼どもを1匹ずつ切株に変えていくのであった。

sttcch4.jpg

sttcch5.jpg

 乱歩の『地獄の道化師』には、殺人鬼がだぼだぼした道化服に身を包まねばならぬれっきとした理由があったが、はな、本作『道化死てるぜ!』の殺人鬼が道化師でないといけない理由というのは、私の道化死ている頭脳では「『IT(イット)』辺りに着想を得たんでしょう。大筋も似てごわすし」程度にしか想像し得なかったのだけれども、はな、本作は着想どころか人体破壊描写的に『IT(イット)』の幸福なるアップデートであったので、その道化師という職業への偏見をいちいち隠し切らんコロシの手口にすっかり僕は虜になってしまって、撮影もさながらあのテンポのよろしい役者さんに萌えようと調べてみたらばリチャードさんを演っているロス・ノーブルっつう御仁はプロのコメディアンであったらしい。そりゃロケットパンチが出ても是非も無きかな(職業への偏見)。

 然しくして、観了後、『IT(イット)』よりもむしろ本作への影響を感じたのはあれなので御座いますよ。ほら、ジョニー・デップが出ている、ほら、みんな大好きな……。

 そう、『エルム街の悪夢』の匂ひを。
 そも、ギミックに富んだ殺人シーンというものは状況設定に忙しくなってしまうもので、そこに説明を費やすと興醒めと申しますか、道化師でも呼んで余興をやらせたくなってしまうので、トーチャー・ポルノなんかを製作する折にはいちばん頭を悩ませる部分であろうけれども、フレディ・クルーガーさんのごとき夢の世界の住人であると「これは夢だから」と頭を悩ませる事なく、如何なトリッキーな殺人でも実行できるし、それに文句を言う方が烏滸に見えるようになる。
『道化死てるぜ!』はンな理屈を「クラウンだったらこれくらいはするっしょ~」とか、極めて明快な偏見に基いて適用しており、が故に、人間の腸でバルーンアートを拵える、脳味噌繰り抜いた死体を使って人形手繰り、てな独創性に富んだ諸々がもろもろと元々は人間の身体の一部であったものを転がさるる事となる。

sttcch6.jpg

sttcch7.jpg

sttcch8.jpg

 食い気で育ちの悪さが窺い知れてしまうようないやしんぼはデブに成長し、男好きのケのあったこれまた育ちの悪そうなおませさんは立派なビッチになっているなどのキャラ造形に、ちゃんと殺し方や物語の落とし前の伏線を絡めているのも面白い。主人公の少年は朝食の配膳にクラウンの顔を見、学校の先生が突如白塗りになって学友のちんこをもぎとって風船で飛ばして遊ぶ白昼夢をも見たり少々精神に異常をきたしているのだけれどもすこやかに育っており、こやつ以外はどうやって死んでくれるのかと淡い期待を寄せるのは人間として当然の願望であるが、ははは、道化師の方も褒められた人格では無かったが盆暗どもにもあまり褒めるところが無いという、でも世論を煽れば同情を引くのは道化師の人ざんしょ、てな不毛な議論が数々の人体損壊でまやかされる道徳的基準の無い良い映画でしたよ。タイトルが原題通り『スティッチーズ』であったらスルーするような人が多いかろうけれども、その意味ではこの強烈な邦題『道化死てるぜ!』は成功でしたな。


道化死てるぜ!  Blu-ray道化死てるぜ! Blu-ray

キャリー 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) アフターショック Blu-ray ロード・オブ・セイラム [Blu-ray] マニアック アンレイテッド・バージョン [Blu-ray] 死霊館 ブルーレイ&DVD(2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]

by G-Tools


道化死てるぜ! DVD道化死てるぜ! DVD

アフターショック DVD 死霊館 ブルーレイ&DVD(2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray] ロスト・ボディ DVD マニアック アンレイテッド・バージョン [DVD] オーガストウォーズ [DVD]

by G-Tools




関連記事
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://d1953coldsummer.blog64.fc2.com/tb.php/1084-b6f6a548

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。